レギュラー珈琲の保存方法
保存方法
 
 
コーヒーは、焙煎直後から成分が変化していきます。風味を損なう大きな要因としては
1.水分(湿気) 2.酸素 3.光 の3つ。


水光酸素
 


この3つの要因からコーヒーを守るため、密閉できる保存容器に入れ光を遮断し、高温多湿を避けて風通しの良い冷涼所での保存をおススメします。

 
まろやかな珈琲
 

豆:1ヶ月以内  粉:2週間以内

 
まろやかな珈琲
 

密閉できる清潔な保存用容器(キャニスター缶、ガラス瓶など)やジッパー付きの厚手のビニール袋を使用し
小分けにします。このとき、袋内にある空気はできるだけ抜きましょう。さらに袋を2重にするとより効果的です。

 
まろやかな珈琲
 

1ヶ月以上の長期保存の場合は、密閉した保存容器に入れ、冷凍庫(または冷蔵庫)に保存することをおすすめします。ご使用されるときには、冷たい状態のまま開封すると吸湿してしまうため、常温に戻してからご利用ください。

 
まろやかな珈琲
 

コーヒー豆は生きています。コーヒー豆は農作物であり生鮮食品と同じような扱いが求められます。新鮮なコーヒー豆を少量ずつ購入され、できるだけお早めにお召し上がりください。

 
まろやかな珈琲
 

焙煎工場から直送の新鮮なコーヒー豆をご購入いただき、各国の味や香りの違いを楽しみながら、ご自分のお好みのコーヒーを見つけてみるのはいかがでしょうか。