しなの鉄道コーヒー旅物語

しなの鉄道で運行中の車両カラーリングごとに
異なる味わいをお楽しみいただけます
【ORIGINAL BLEND】
平成9年しなの鉄道開業に合わせて誕生したカラーリング。完熟りんごやあんずを思わせる華やかな香りと、甘く濃厚なコクが広がるコーヒー。

【S7 ORIGINAL BLEND】
しなの鉄道S7編成 クハ115-1017平成元年4月に登場したカラーリング。香りとコクが広がり、マイルドで甘い口当りのコーヒー。

【S15 ORIGINAL BLEND】
しなの鉄道S15編成 クハ115-1014「長野色」は平成5年に登場したカラーリング。良質なコロンビアの甘い香りとまろやかな酸味。バランスの長けた味わいのコーヒー。

【S3 ORIGINAL BLEND】
しなの鉄道S3編成 クハ115-1012昭和25年東海道線の湘南地域を走る電車に採用したカラーリングが始まり。フルーティな香りと酸味、甘さの中に華やかなモカの香りのコーヒー。

【S16 ORIGINAL BLEND】
しなの鉄道S16編成 クハ115-1215クリーム色と青色を配した塗装が始まりで「スカ色」とも呼ばれています。甘味を伴った香ばしい苦味とコクで、重厚感ある風味のコーヒー。

PAGE TOP